政府委員会、保釈中の容疑者にGPS装置を推奨

東京-。日本の法務省の諮問委員会は、裁判を待つために保釈されている被疑者が逃亡を防ぐためにGPS監視装置を装着することを義務付ける法案を国会に提出するよう提言しました。

この提言は、日産自動車のカルロ・ゴーン元会長が保釈中の2019年12月に日本を脱出したことを受けて、法制審議会に属する委員会が一連の議論を行った結果であると産経新聞が報じている。保釈が認められるケースは増えており、委員会は容疑者の出廷を確実にするためにGPS装置が必要だとしている。

パネルによると、GPS装置があれば当局は被告の居場所を監視することができ、例えば空港や海港に行けば尋問のために拘束されることになる。

また、保釈中の被告は、特別な許可を得た場合を除き、許可された期間以上に指定された家から離れていると、さらなる罰則が課せられることになる。